負の連鎖

学生ローンの借金のキッカケは、マルチ商法に誘われた事がはじまりだったが、その後は飲み代、株の投資と、一度借り癖を付けるとなかなか元に戻せない。
挙句の果てには、特に用もないのに、時間があるうちに学生ローンから借りておこうなんていう始末です。
 
株で負けた分を、今度はパチンコや競馬で取り戻そうと、今まででは考えられないギャンブラーと化していました。
 
負けては借り、負けては借りを繰り返し、気が付けば気が遠くなる額に・・・
負は負を呼び、その連鎖は無限ループとなり、もはや制御不能に落ちいっていった。
 
就職活動もしなければならない。
就職さえすれば、学生ローンの返済もなんとかなるだろう・・
そんな甘い考えがあったのも事実だが、いざ就活をしてみるとなかなか決まらない。
よくドラマなんかで見ていたが、まさにあんな感じだ。

最悪、学校さえ卒業すれば一日中アルバイトができるので、返済分位は稼げるだろう。

言ってるそばからまた甘い考えで、思わず失笑してしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA